キノコ狩りと放射線2019/09/22

タマゴタケ
「狩り」と言うか、正確には「撮り」と表現したほうがいいんだけど、秋になると、なんだかゾワゾワして、機会を見つけては里山に入りキノコを探すことが趣味になっている。
 実家の大垣に居た頃は、いろんなキノコを採集して乾燥標本を作ったりしていたけれど、管理が難しく、結局カビだらけになって捨ざるを得なかったので、もっぱら写真を撮り溜めることにしている。
 今日も買い物ついでに三春ダム周辺の公園に入り、散策路脇で幾つかのキノコたちに出会ってきた。タマゴタケはよく見かけるけど、ホウキタケは珍しい。ハツタケ類は幾つかあったけど、既に時期が遅く腐り始めているものが多く、シーズンの終わりを告げていた。
 しばらく歩いていると、山菜採りの鎌を先端に付けた杖のようなもので地面をつついている御仁に会った。食べられそうなきのこを探しているとのことなんだけど、手当たり次第にキノコを倒していくので、お願いだから「刈るのは写真撮ってからにしてくれ」と頼み、談笑しながら散策することに。
 しかし、原発事故による放射性物質に汚染された山で、何の不安もないのだろうか?と余計な心配をしてしまった。 知人の話によれば、心配なので頂いたキノコを放射線量の検査したらとんでもなく高い値が出たということだった。それが今の福島では当然のことなのだ。何しろ山の除染などしてないし、キノコは土壌汚染と密接に関係しているはずだし、それを食そうとは普通思わないはずなのだが、気にしないのか?分かってないのか?キノコ狩りをする御仁に時々出会うのだ。
 国も県も震災からの復興を掲げて、避難解除にやっ気になっているけれど、実際は県土の大半を占める山林の除染などしてないわけで、県産のキノコは出荷できないことになっているはずだ。
なのに現実はこんな有様で、原発事故など無かったかのようにキノコ狩りをしてる人達がいる。去年も山で出会ったキノコ狩りのお婆ちゃんに「うめ~から、あんたも採ってけ〜」って声をかけられた。心の中で「近所に配るなよ、孫に食わせるなよ」と呟いていた。
 うまく纏まらないけど、不都合なことや嫌なことはさっさと忘れたいって願望によるのだろうか?原発事故による放射能汚染のことを住民自らが打ち消そうとしている様に思えて、何だかやりきれない気持ちになる。

僕は写真を撮るだけにするよ。

生きにくい世の中2019/08/31

郡山市御霊櫃峠
高齢者となって年金が満額もらえるようになったとはいえ、加入期間が短かったため、笑っちゃうほどの少額である。それに加え介護保険料がそこから天引きされるらしい。結果、手にするのは月額4万円程度にしかならない。妻と合わせても10万そこそこで愕然とする。これではとても暮らしていけない。また夫婦で細々とやっている会社も、仕事がめっきり減り、経営を継続するために給与を下げるしかないという結果になった。加えてこの秋の消費税増税・インボイス制度は泣きっ面に蜂というか・・生活に対する決定的な打撃である。
 政治面では不誠実極まりない安倍政権が戦後最長記録となり、国民生活を顧みず、アメリカの言いなりに不要な武器を購入したり、外遊のたびに税金をばらまいている。(挙げればキリがない)
「一体、国とは何だ?」と叫びたくなるのは私だけじゃないだろう。
 最悪なのは「三権分立」が全く守られず、検察や司法が政権に掌握されてしまったことだ。これでは不正や犯罪を訴えても、政権に忖度する連中は裁かれることなくノウノウと生きている。こういう連中を上級国民と言うらしい。そうなると私などは最下級国民になるのだろう、とにかくメディアの機能不全で、正義が潰され、希望が持てない、そんな国になってしまった。
 21世紀がこんな風になるなんて全く想像できなかった。それは我が国だけじゃない、世界的に見ても危険な兆候が到るとこに出始めている。
 考古学や古代史や人類学などを学んできた身としてはとてもやりきれない。人類はどこに向かってるのか?もしかして文明の衰退現象を目の当たりにしてるのではないか?
人間って愚かな生き物だなあ・・
生きにくい世の中になったなあ・・
夏の終わりにそんなことを思っている。

高齢者の仲間入り2019/07/09

7月8日で満65歳になった。
なってしまったのだが、実は往生際の悪い事にその実感はない。車も若者好みのするような外装がスポーツタイプのコンパクトカーに買い替えたばかりだし、相変わらずブルージーンズとトレーナーもしくはTシャツで過ごし、立川談志のごとく(とは言っても師匠のマネをしているわけじゃないが)バンダナを頭に巻くことを常態としている。そんな風体だからか、近所の人からも(多分お世辞ではなく)還暦前だと思われていたし、仕事先でも同様だった。
とはいえ高齢者であることは間違いないし、気持ちとは裏腹に前立腺の調子がイマイチ悪く、夜中に二度三度起きることもある。物忘れも確かにひどくなってきて、短期記憶に異常があるんじゃないかとたまに思うくらい日常の忘却に驚いている。
例えば、部屋の模様替えや掃除の際に一時的に移動した物品がどうしても見つからない。妻との会話の中で触れた古い写真がどうしても見つからない。朝言われたことが記憶に定着していないで、同一の質問をしてしまう。などなど。
妻からは「年齢相応に、齢とうまく付き合っていくしか無いのよ。」と慰められるが、どうにも納得できずにいる。
考古遺物の観察や図面描きといった仕事は続けているので、まだまだ弱音を吐くなと自らに言い聞かせる日々である。

さよならサクシード2019/06/10

先月は何故か投稿できなかった。忘れていたわけじゃないけど、毎週末何かの行事があって、バタバタしているうちに月が変わってしまった。そんな中でライフイベントとして重要なのが車の買い替えだ。長年頑張ってくれたサクシード(バン)に変えて、ネットで探して埼玉の店舗からダイハツのブーンを入手した。・・事象を書けばこれだけのことなんだけど、私にしてみれば「ある節目」を象徴する選択であり、大げさに聞こえるかもしれないが、一種の生き方宣言でもあった。
どんな車に乗るかは時々の生き方のスタイルで決まるだろう。そういう意味では「仕事用の貨物車」から「コンパクトカー」にチェンジしたのにはそれ相応の理由があるわけで、それは私の決意表明でもあるのだ。
来月の誕生日で満65歳になる。いわゆる高齢者の仲間入りなのである。大学院で学ぶ娘も今年中には進路が決まり、社会人として自立の道を進む可能性が高くなってきた。昨年来体調に異変がある妻のことも考えると、これからは夫婦で「楽しい暮らし」を心がけていきたいと思うようになった。そんな訳で、仕送りなどから開放され生活にゆとりができたら、ゆったりとあちこち旅をしたいと目論んでいる。そのためには燃費が良くて取り回しの良いコンパクトカーが必須アイテムだと考えた。
しかし時代が変わり、もはや絶滅種となったため、永年乗り続けてきたマニュアル車を選択する自由はなく、いろいろな安全装置のついたオートマ車を選択するしかなかった。
昨今の高齢者による悲惨な事故を知るにつけ、運動や判断機能が衰え始めた高齢者こそマニュアル車に乗るべきだという持論を持ってはいるが、やむを得ず自ら真逆の選択をせざるを得なかったのだ。ペダルを踏み間違えないよう緊張感を持って運転せねばと心に誓っている。
21万キロもトラブル無しで頑張ってくれたトヨタのサクシードには本当に感謝している。長距離営業用にいろいろ工夫された内装設備など、とても良くできた車だった。下取りしてもらったので、またどこかで活躍してくれるだろう。

年度と年号(元号)と・・2019/04/06

4月になって年度が変わった。そして、どういうセンスだろうか?エイプリルフールに合わせて5月の新天皇の即位に合わせた新元号が発表された。「平成」の後は「令和」だそうだ。よって平生31年度は4月だけのひと月という事になる。
それにしてもややこしい。年度は4月に始まり、年は1月に変わる。そして西暦と年号(元号)の両刀使いが非常にめんどくさい。「元号法」とか言う法律によって行政などの公文書は元号表記だし、外向けの外交的なものは西暦表記だ。オリンピックを令和2年開催と言わず、2020年開催と西暦で表記し通達している。考えるまでもなく、国際的な通例に従えば年号表記など意味がないないのだけれど、外務省が西暦表記に統一する旨発表したら、官邸が露骨な不快感を表明すると行った具合で、何やらつまらない意地の張り合いみたいになっている。どこまでガラパゴスなのだろう?これでは世界的なスタンダードとはかけ離れた、孤立化に向かっているようで、他国と恒久的な友好関係を持とうという姿勢すら見えない。
悲しいことである。国という枠組みでしか考えられないから、人類社会という観点で見られないから、ちっぽけで狭小な国家主義を掲げて虚勢を張っているようにしか見えない。
悲しいことである。母国のこの没落を為す術もなく見続けないければならないのだろうか?
桜の開花があちこちで報じられるこの頃だが、憂鬱な日々が続く、とにかく気が重い。

※法律名に誤解があったので修正した。9/23

野鳥の事2019/03/01

我が家南側の庭にはいろいろな小鳥たちがやってきて楽しませてくれているが、このところおなじみ様が現れない。引っ越したばかりの頃には電柱の上にサシバがよく止まっていたのだが、この頃はさっぱり見かけないし、近所の鉱泉近くの川ではアカショウビンを見たこともあるが、渡りのルート上での問題があるのかその時以来見かけることもない。
我が家のおなじみ様といえば、(スズメ・カラスを除けば)ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、モズであるが、たまにしかやって来ないし、頻度も下がってきている。福島県の県鳥であるキビタキは滅多に来ないが、忘れた頃に群れで姿を見せてくれることもある。とりわけシジュウカラは、かつては頻繁にツガイで庭木に来ていたが、今ではめったに見なくなった。ヒヨドリは、お隣のブルーベリーが実を付ける頃になるとギャーギャーと煩いくらい頻繁に飛んでくるが、ひとしきり実を喋むと居なくなってしまう。孤高のモズはたまに電線に止まっているのが見られるが、それも頻度は低下している。
何なんだろう?野鳥の世界もいろいろ事情がるんだろうけど、何時ものようにっていうのが通用しなくなって、変化が激しいような気がする。
これも原発事故と関係があるのだろうか?
福島の山里に暮らしていると、そんな事を考えてしまう。
放射線に起因する環境変化は確実にあるのだが、人はそれを考えないように生きている。これから先のことはよくわからないが、こんな事を考えながらここで暮らしていくのはどうなんだろう?と思うこともある。
安全・安心な場所を選んで残りの時間を楽しむ事を考えようかとしきりに思うこの頃。
先日ここでは珍しいイカルがやってきた。別名「豆回し」という鳥で子供の頃岐阜の実家で(怪我をしたのを保護して)飼っていたこともある。西の方ではよく見かけたが、東北では珍しいのではないか?これも温暖化と関係があるのかもしれない。

石器屋稼業2019/02/05

 現在の生業は石器専門の図面屋である。世の中にこんな仕事があるのか?と「それはどんな仕事?」と聞き返されることもある稀有な職業なのだが、結構永く続けている。というか、結果的に成り行きで随分永くやってきたというのが現実だ。
 考古学をやってきたと言っても、関わり方によって携わってきた仕事は様々で、もちろん遺跡の発掘から報告書作りを基本ではあるが、ある部分だけの作業を委託されることもある。
 大学に籍があった頃は、研究所の職員として海外調査やそのマネージメントに従事したこともあるが、独立してからは行政(主に埼玉県内)に依頼されて遺跡発掘や報告書作りに携わる傍ら、別途に石器の実測作業を頼まれることも在った。そうやって暮らしを立てている頃、子育てのために、思い立って自宅を建て福島の山里(三春町)に移住をしたのだが、居住地域が変わったこともあって、現場作業に携わることもなくなり、報告書作成作業の支援業務としての実測図作成や図面のトレース作業などを主にこなすことになり、やがて石器実測図の作成のみに特化してきた。
 何故石器だけなのかと言うと、自宅の自室で作業しているため、かさばる土器類には手を出せないというのが実情だが、経歴的にも石器中心の報告書作成作業に関わってきたし、何よりプロである以上、不勉強な分野を仕事にすることは良心的にも出来なかった。また土器研究に於いては型式認定や解釈などで地域差が大きく、そもそも外部委託するのは整理作業の一部にあたる単価の安い単純作業が主体で、アルバイトやパートを使う必要もあり、ビジネス的にはリスクが大きいという判断をせざるを得なかった。
 一方石器の実測図については、団塊世代の引退後、各地で的確な図面を書ける経験豊富な人材が不足し、熟練の石器屋は希少な存在となり、こうした書き手を必要とする顧客は全国に拡がっていると言ってもいい状況になった。しかも最近では行政のみならず、遺跡発掘を業務とする民間企業からの委託を受けることも多くなり、隙間産業的ではあるが、事業的にも何とかやっていけると考えてきた。
 考古学の図面と言っても、紙と鉛筆の世界と違って、最近はデジタル図面が主流なので、多忙な年は年間1000枚以上の図面をPCで仕上げる生活をしている。平均的には月間100枚前後の実測図を書いており、日常的に石器の撮影・観察・図化作業の繰り返しなのである。
 考古学にとって、出土した遺構や遺物と向き合い観察する事が研究の第一歩だと考えているため、毎日が研究といえば研究なのであるが、委託業務をこなしているのであって、すべてを自分で決められる個人研究とは趣が違う。発注者の意向に合わせて図化する、いわばイラストレーター的側面が強い。ときには石器が解らない発注者が、プロの図面に赤(修正)を入れてくることもたまにはあるが、そうした場合、直接話ができる環境ならば、できるだけ専門家としてアドバイスをして学術性の担保には気を配ってきたつもりである。
そんな暮らしが30年は続いただろうか、思えばよくやってきたものだ。今年65歳になるし、あと何年続けられるだろうか? そんな事を考えながら、今日も石器実測を始める。

断捨離考(1)2019/01/30

今年65歳になるので、いわゆる高齢者の仲間入りである。ここに至るまで大病もなく一応元気に暮らせてきたのだから、まずは丈夫な体をくれた両親に感謝しよう。
阿武隈の山間地で田舎暮らしを始めて、仕事帰りに飲み歩くといった都会暮らしの悪習慣から遠ざかったせいか、体調もすこぶるいい。永いこと風邪もひいたことがないが、足腰は確実に萎えてきていると感じている。もちろん歳のせいもあるだろうけど、一日中PCの前に座って図面を書く仕事のせいでもある。
そんなことを思いながら、買っただけで本棚の飾りになっている専門書のたぐいを眺めて、ため息を付いたりもしている。
若い頃は研究者と呼ばれる立場にもあったので、研究テーマに沿って必要な書籍を買い集めてきたのだが、もはや論文を書くこともなく、高価な専門書も書棚に佇んでいるだけになった。
正月に帰省した娘に聞いてみたが、私と全く違う分野の研究者を目指しているため、それらの書籍を残したところで活用されないことは明白である。
捨てるのも勿体無いし、処分するのも心もとないので、誰かに譲ることも考えているけど、大学を離れて久しく、地方で田舎暮らしをしているため、譲渡すべき後輩もいない。さりとて古書店に売るにしても神保町にある専門書店ぐらいしか思いつかず、地方では全くあてがない。遺跡の発掘報告書となると、専門に取り扱う古書店ですら期待できず、図書館に寄贈しようにも引取先がない。・・実に勿体無いのである。
高齢ということは確実にその日に近づいているということだし、そうでなくとも事故や病気で突然居なくなってしまうってことも十分ありうる。そんなことを考えるようになったのも還暦過ぎた頃からだけど、ともかく身軽にしておかなくてはと強く思い始めている。なにより自由に羽ばたいて欲しいと願っている娘の負担になりそうな物は残したくない。そんな思いで断捨離を始めている。倉庫のガラクタはボチボチやるとして、大した量でもないけど専門書比率の高い書籍類については最優先に考えている。できれば誰かに有効利用してもらいたいと願いつつ・・。

エッシャーの階段2019/01/16

例えば一つの仕事が終わり次の仕事に取り掛かる。あるいは一つの段階が終わり、次の段階へ向かう。そんな事を考えるとき、人は右肩上がりの階段を想像してはいないだろうか?一段上がるたびに高みに向かっているようなイメージで。
果たして、何故右上がりで、何故上昇してると思えるのだろうか。
M.C.エッシャーの階段を思い出した。一種のオプティカル・イリュージョンと言える作品は、巧みな数学的錯視で階段を登っているのか下っているのか戸惑わせるものだ。
技術の習得は、高い到達点を目指して一段一段上っていくというイメージだが、学問や研究についてはそうとは限らないことが多い。いくつかの問題を解きながら、実験を繰り返しながら、資料を探索しながら、時には壁にぶつかり、最初からやり直すことだってありうる。そう簡単ではないのだ。そして原点に立ち返って再出発することで次の段階へ進めることもある。
だがその錯視画の中の人は、自分は前進してるとしか思っていない。それを眺める観察者からは下っていると見えることもあるのに。
さて、何が言いたいのだろうか?
脳裏には例のリトグラフが鮮明に浮かんでいるのだが。
多分、空間的には進んだり戻ったりくねくねと進んでいるのだろう。しかし道は一本道で、一筆書きの時間軸上を徘徊しているといった、そんなイメージなのかもしれない。

夜明け前2019/01/13

年が明けて、相変わらず忙しくしている。正月2日までは家族団らんで楽しく過ごしたけど、昨年分の仕事を消化するため例年より早めの仕事始めとなった。その仕事も今日中に終わらせるべく、今朝は3時に起きて、いつものようにユーチューブで懐かしい番組を聞きながらPCに向かっている。
一服付けに庭に出ると、まだ薄明かりの東の空に金星が眩しいほどだった。メタセコイアの枝の間で輝く明けの明星を眺めていると、右の方から明るい点がゆっくり移動してきた。煌めかず点滅せず一定の軌跡をゆったりと南東方向へ向かっている。国際宇宙ステーションなのだろう。地上ではまだ上ってこない太陽に照らされて、ちょうどよくその反射が我が家に届いたのだ。タバコを吹かしながら眺めているうち、金星は薄雲に包まれて輝きを失い、やがてISSもブラウン管テレビの終了点のようにスウーと消滅していった。
ようやく空が白んできた。薄明を背景に、幹と枝だけの木々が稜線の上で繊細なシルエットを見せている。
さて再び石器の実測を続けるとするか。